JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】やきそば弁当 ちょい辛(マルちゃん)

こちらのブログでも何度か紹介している「やきそば弁当」シリーズの中から、今回は「特製スパイス入り ちょい辛」を食べてみたレポートしたいと思います。

 

こちらのちょい辛はカップやきそばでは珍しく、スパイスの辛さを前面に押し出した商品です。2007年に発売されて以来、やきそば弁当シリーズの中では通常のやき弁に続いて根付いてきたものと言えるでしょう。

SPONSORED LINK

 

f:id:joyemon:20160216154626j:plain
やきそば弁当シリーズの中でも目を引く黒いパッケージに大きく「くせになる辛さ 特製スパイス入り ちょい辛」の文字が。からしマヨネーズの辛さを売りにしているカップ焼きそばは数あれど、こちらはスパイスの辛さということで期待が高まります。そしてやはりやき弁好きとしては外せない嬉しいスープ付き。ちょい辛には中華スープではなくコンソメスープというのも楽しみです。

 

f:id:joyemon:20160216154635j:plain
中身は通常のやき弁同様、ソース、かやく、スープ、ふりかけです。スープはコンソメスープですが、作り方は中華スープと同じようです。

 

f:id:joyemon:20160216154544j:plain
通常のやき弁と同じく熱湯3分の調理時間です。

 

f:id:joyemon:20160216154648j:plain
麺の戻し湯でまずコンソメスープを作ります。中華スープにはネギが浮いているのに対し、こちらは刻んだパセリが浮かんでいます。じょいえもん的にはこのコンソメスープも結構スパイシーで味が濃かったので、お湯は少し多めに入れるのがいいかもしれません

 

f:id:joyemon:20160216154647j:plain

香辛料のいい香り

湯切りをしたらソースと絡め、ふりかけをかけて完成です。通常のやき弁を始め多くのカップ焼きそばでは青さと紅生姜を振りかけるのに対して、こちらはコショウを含む香辛料のふりかけになっています。メーカー公式HPにもふりかけの中身は香辛料としか書かれていませんが、粗挽きコショウのようなスパイシーないい香りがしました。具材はキャベツと丸められたひき肉が入っています。

ほどよいスパイシーさ

ソース、麺、具材には通常のやき弁との大きな違いは感じませんでした。こちらの商品の特徴はパッケージにもあるとおり「特製スパイス」による「ちょい辛」ということですが、なるほど確かに辛すぎず"ちょい"辛い風味がスパイスによって加えられています。ほどよいスパイシーさが食欲を増進させてくれるので一気に食べ切れてしまいました

コンソメスープは薄めがオススメ

先述のとおりコンソメスープもしっかりと味が付いていてスパイシーさがあるので、お湯の量が少ないとちょい辛の焼きそばをスパイシーなスープで流し込むということになります。なので、コンソメスープは意識的に少し薄めに作ってやるとバランスがいいかもしれません。激辛のカップ焼きそばなどとは違い、カップ焼きそばの美味さに一味加わったという感じの辛さなので、多くの人が楽しめる味になっていると思います

 Amazon→マルちゃん 北海道限定 やきそば弁当 ちょい辛 119g×12個

SPONSORED LINK

 

<関連記事>

www.joyemon.com 

www.joyemon.com 

www.joyemon.com

www.joyemon.com

www.joyemon.com

www.joyemon.com 

www.joyemon.com

www.joyemon.com

www.joyemon.com