JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】凄麺 ねぎみその逸品(ニュータッチ)

 

今回の「食べてみた」は、「ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品 」です!

かなり以前より存在しているので、見たことある・食べたことあるという方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

私もその一人だったのですが、なかなか機会がなく一度も食べたことがなかったのですが、隣町スーパーで発見したので買ってきてみました。

八代目 凄麺 ねぎみその逸品 の特徴

f:id:joyemon:20160406012639j:plain

2015年12月に発売開始されたばかりの八代目ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品 のパッケージの特徴は、商品名の背景が木目調になっている点です。商品コンセプトは「シャキッとしたネギ コシのある太麺 濃厚味噌味スープ」と謳っておられます。

おそらく、凄麺シリーズでは最も人気のある商品ではないかと思います。

f:id:joyemon:20160406013744j:plain

じょいえもん的には、以下2点が本製品の一番の特徴かと思います。

おろしにんにく付き
かやくがネギのみ

スープにニンニクのコクを・・・という商品は他にも多いですが、直接ニンニク加えるカップ麺は類を見ません。この商品自体ロングセラーということもあり、シンプルながらも製作者のこだわりが垣間見える製品コンセプトだなと感じます。

f:id:joyemon:20160406013832j:plain

ポークベースのスープにゴマの風味などを追加していることがわかります。またスープ全体として、ニンニクのみならず、ショウガやタマネギといった香味も使用されていることがわかります。かなりコクのあるスープが期待できそうです。

f:id:joyemon:20160406013917j:plain

おまけ

SPONSORED LINK

 

作っていきます

f:id:joyemon:20160406014001j:plain

ぺろっとめくると、いきなり「裏ばなし」出現。

ちょっと気になるけど、この時点でフタ全部はめくれないのでとりあえずスルーしておきましょうか・・・。

f:id:joyemon:20160406014052j:plain

カップの内容は、かやく、後入れ液体スープ、おろしにんにくの三種類。

かやくのみをカップに投入し、お湯430mlを入れて5分待ちます。

今回は太麺ということもあり、しっかり5分待ってみました。

そして、5分後・・・

f:id:joyemon:20160406014147j:plain

フタを開けた瞬間に目の前に広がったのはネギの海でした!予想をはるかに上回るネギの増殖率!スープと麺を混ぜた後でもご覧の通りネギが埋め尽くしております。

かやくには鷹の爪のかけらも飾り程度に少しだけ入っていたようです。

写真中央右上あたりに見える白い塊が後入れの「おろしにんにく」です。

味噌ラーメンにしては、スープの色は若干薄めの印象ですが、表面のきめ細かい黄金色の油分がなんとも食欲をそそります。

f:id:joyemon:20160406014518j:plain

この一見ふやけてしまった麺のようにも見える凄麺の太麺ですが、そんなことはなく、かなり弾力がありモチモチ!

そして、麺を掴む時も避けきれないほどのネギの量です笑

濃厚で深いコクがあるのに、あっさりとした味噌スープ

f:id:joyemon:20160406014439j:plain

まず、スープを一口すすると、見た目とのギャップに驚きます。

「濃厚みそ味スープ」という商品キャッチフレーズと、カップ麺表面に浮かぶ油分から、かなりこってりなお味を想像していたのですが、実際にはまろやかで軽やかなみそ味に仕上がっています。

おろしにんにくも加わってコクも増し、私が無類のにんにく好きであることも相まって、このスープを超える味噌スープを持つカップラーメンに過去出会っただろうか・・・と思ってしまう程パーフェクトな味わいでした。

シャキシャキのねぎがたまらな〜い♪

ラーメンの一番の引き立て役といえばネギ。

カップラーメンのネギかやくにも色々なものがありますが、こちらのネギは例えるならば鍋でクタクタ煮込まれたネギ。ネギの白い部分から青い部分、その中間部分までも満遍なく含まれています。驚くのは、その量・食感です。量は上記にも書いた通りですが、見た目はヘタヘタなのに食感はシャキシャキしており、歯切れの良い歯ごたえが麺の食感を引き立て、堪らない美味さでした!これぞ美味いラーメンの王道!!と思いました。

鉄板ノンフライ麺、凄麺の太麺

ニュータッチ凄麺シリーズの醍醐味といえば、特許も取得している独自製法で作られた「凄麺」そのものです。

一般的なノンフライ麺に比べ、色艶やみずみずしさ(業界用語では「シズル」と表現するそうです)にこだわり発明された麺です。小麦そのものの旨みを利用し、雑味を加えないよう化学調味料を極力使わないよう努力しているというナチュラル志向が好印象です。

ツルッツルでモチモチの麺は、その喉越し・噛みごたえ、どちらもとっても間違いなくカップラーメン業界トップクラスの実力です。

非の打ち所のない凄麺太麺と、あっさりコク深いみそスープ、シャキシャキのネギを合わせれば最強ですよ。最強。

私至上、最もうまい みそ味カップラーメン

この「ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品 」は私至上最も美味しい、みそ味カップラーメンだったと感じます。正直、メンマとかチャーシューとか他の具材も入ってたらな・・・という希望はありますが、現時点でもかなり完成度の高い商品だと思います。喜んで自分で勝手に具材追加させていただきますm(_ _)m

この度の衝撃を受け、即、カップラーメンランキングを更新してしまいました!笑

Amazon→ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品 133g

フタの裏ばなし・・・?

f:id:joyemon:20160406014352j:plain

「鶏しおの逸品」も食べてくれと言わんばかりの製品宣伝でした!笑

どうやら「鶏しおの逸品」のスープは凄麺シリーズの中で”最もおいしいスープ”であると制作側が自負しているような書き方ですね。近々これも食べてみようと思います!

Amazon→ニュータッチ 凄麺 鶏しおの逸品 110g×12個

 

SPONSORED LINK

 

【関連記事】