JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】マルちゃん 正麺 つけ麺 豚骨醤油味(東洋水産)

マルちゃん正麺つけ麺シリーズは、現在は箱麺2種類と、袋麺1種類のラインナップ。以前、食べてみて感動の嵐だった箱麺の1種「マルちゃん 正麺 つけ麺 魚介醤油味」。そこからずっと気になっていたもう一つの箱麺、「マルちゃん 正麺 つけ麺 豚骨醤油味」をやっとのことさ食べました!

SPONSORED LINK

 

高級感のあるパッケージ

f:id:joyemon:20160418194500j:plain

魚介醤油が紫xゴールドの箱だったのに対し、ブラックxゴールドというシックなカラーリングな豚骨醤油味。パッケージの写真も魚介醤油のものと少々違い、豚の角チャーシューが印象的。魚介醤油のはナルトが印象的でした。

 

塩分は比較的少ない

f:id:joyemon:20160418194507j:plain

一食あたりのカロリーは423kcalと普通ですが、塩分量は5.1gと体に優しめ。つけ麺の濃いスープを最後まで飲み干すという選択肢がない分、全体としても塩分摂取量はかなり抑えられそうですね。スープ飲まなければの話ですけど笑

 

つけ麺屋開店のお知らせ

f:id:joyemon:20160418195029j:plain

箱の中身は前回同様、袋麺と液体スープが2組。

f:id:joyemon:20160418195044j:plain

そして、忘れてはいけないのが、なぜか袋麺の中に入っている粉末スープ。

f:id:joyemon:20160418195058j:plain

麺の茹で時間は7分なので、その間にスープを作ってしまいます。

100mlのお湯を注いで液体スープと粉末スープを溶かしていきます。

豚骨醤油は魚介醤油と比べると全体的にスープの色が薄めです。また表面の油の膜も薄めに感じました。また、魚介醤油同様、鷹の爪のかけらがいっぱい散りばめられています。

f:id:joyemon:20160418195054j:plain

今回はスープにはネギのみトッピングしてみました。

そして出来上がった麺がこちら。

f:id:joyemon:20160418195129j:plain

どどーーん。

今回は麺の器にいっぱいトッピングしてみました。

玉ねぎxもやし黒胡椒ごま油炒め、煮卵、メンマ、チャーシューです。

f:id:joyemon:20160418195139j:plain

そして、みんな大好き、マルちゃん正麺の極太麺です!

 

SPONSORED LINK

 

マルちゃん 正麺 つけ麺 豚骨醤油味 感想

スープ

魚介醤油味と比べ、見た目的には若干色が薄いように感じた豚骨醤油味ですが、味はしっかりとしています。豚骨スープがベースになっていますが、よくあるラーメンのとんこつスープほど豚骨が前面には出ておらず、豚骨で取った出汁の風味によってつけダレにコクと味の広がりが出ているといった印象です。また、意外なことに魚介醤油味に比べて脂気や塩気が少し少ないようにも感じました。豚骨のコクがありつつすっきりとしたスープですが、正麺独特の極太麺との相性はさすがバッチリで、麺を少しつけると味がよく絡みます。

正麺と言えばやはりこの麺を目当てに買う人が多いと思います。極太麺ならではの味のある麺は、スープの旨味と合わさって最高の味わいになるように計算し尽くされているのでしょうか。さらにプリップリの極太麺は喉越しと歯ごたえも良く、まさにつけ麺の王道とも言える味わいがインスタントで頂けるのは嬉しいですね! 

総評

魚介醤油の方が濃厚さがあったかなと思います。豚骨醤油は豚骨風味の醤油味といった感じで全体としてあっさりしたお味です。魚介醤油にあった独特の甘みのようなものがないので、あの甘みが苦手だわという人はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

 

 【関連記事】