JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【2019年版】美味しい ティーバッグ 紅茶 おすすめ ランキング ベスト10

当サイト大人気記事である【2019年版】美味しいインスタントコーヒー おすすめ ランキング ベスト10 - JOYEMONに続き、紅茶ランキングも作成すべく、数ヶ月間様々な紅茶フリークを行い、ついにランキングを完成させました。評価で重要視しているのは何と言ってもコストパフォーマンスです。値段と味を総合的に評価してランキングにしていきます。

また、数ある紅茶の中でも、今回はアッサムやアールグレイなどベーシックなフレーバーを中心でお送りします!

SPONSORED LINK

 

 第10位 Wedgwoodアソートティーバッグ

Amazon→Wegdwoodアソートティーバッグ

1P(2g):約54円

「Wegewood(ウェッジウッド)」はイギリスを代表とする18世紀創業の陶磁器メーカーであり、その繊細で可愛らしいデザインのティーカップは世界中で愛されています。そんなWedgwoodが手がける紅茶は、そのパッケージが爽やかな色合いのデザインで大変女性に人気があります。アールグレイ・ピュアダージリン・ピュアアッサム・イングリッシュブレックファスト・イングリッシュアップル・ウェッジウッドオリジナルの6種のセットです。どのフレーバーも軽やかで、香りを楽しみたいというビギナー向けの味で、女性へのプレゼントに最適な紅茶です。

第9位 KUSMI TEA エッセンシャル ティーバッグ


Amazon:KUSMI TEA エッセンシャル ティーバッグ

1P(2.2g):約153円

老舗中の老舗、KUSMI TEAの究極のティーバッグアソートメント。KUSMI TEAで最も人気のある12種類のフレーバーが2袋ずつ入っている特別なパックになっています。19世紀の創業から150年の歴史を持つフランスのプレミアムティーブランドであり、長年こだわった茶葉選びと高品質のパッケージで世界中から愛される特別な紅茶です。おそらくティーバッグとしては世界最高峰とも言える味わいです。1杯およそ153円と高価ではありますが、その価値は十分にあります味の絶妙な濃さ、香りと色合いがコスパティーバッグとは断然違います。個人的なオススメはアッサムとデトックス。自分好みのフレーバーを見つけた後は同じフレーバーの茶葉を買って生活の定番にできたら生活に潤いがもたらされることでしょう。懐に余裕のある方は是非試していただきたい。

第8位 FORTNUM AND MASON ティーバッグセット

Amazon:FORTNUM AND MASON ティーバッグ詰め合わせ

1P:約67円程度

FORTNUM AND MASON(フォートナムアンドメイソン)は1707年創業の食料雑貨ブランドで、大英帝国の繁栄と共に成長し、3世紀以上に渡って英国王室御用達はじめ世界中で愛用されてきました。そんなフォートナムアンドメイソンの紅茶はその重厚な歴史背景に裏付けられた、まさに「英国伝統の味」なのではないでしょうか。紅茶自体は、かなりシンプルな味わいです。香りは主張しすぎず、それでいて深いコクと軽やかな苦味が感じられます。ティーバッグ詰め合わせはギフト用のもののため、割高ではありますが、手軽にフォートナム社の紅茶を楽しむ足がかりとしてはちょうど良い商品です。公式HPでより安く購入できます。

第7位 MINTON ティーバッグ バラエティパック

Amazon:MINTON ティーバッグ バラエティパック

1P(2g):約19円

「MINTON」は1793年に創業された、英国王室御用達でもある英国の陶磁器ブランドです。代表的なモチーフである「ハドンホール」の花柄は、その凛とした高貴な美しさが世界中の女性に愛されており、日本でも大変な人気があります。実際にMINTONが紅茶の製造販売を行うようになったのは1996年のことで、そのMINTON TEAを手がけているのが「共栄製茶」という江戸時代創業の京都にある老舗茶屋です。その味は、流石は英国王室御用達ブランドと日本の老舗お茶屋さんのコラボ紅茶。香りが大変繊細かつ華やかで、お茶自体の色合いも美しい。味は比較的軽めなので、香りを楽しむ紅茶かなと思います。

第6位 リプトン ピュア&シンプルティーバッグ

Amazon:リプトン ピュア&シンプルティーバッグ100袋

1P(約1g):約4.3円

リプトンといえばYELLOW LABELも有名でスーパーなどでも必ず品揃絵がありますが、YELLOW LABELと比べても遜色ない味わいでありかつ値段は半分くらい、という点から、こちらの商品の方が総合的に良いと考えます。特に麦茶のように常にボトルで飲めるような状態にしておきたい方などには日常使いとして日東紅茶と並んで素晴らしいコスパ商品かと思います。個人的にはレモンを常に冷蔵庫にストックしているので、レモンを薄く一切れ入れてレモンティーにして飲むのがおすすめですが、ほぼレモンのコストだけでレモンティを飲んでいる状態にいつもすごいコスパだな、と思って愛飲しています。圧倒的な安さで、手軽に紅茶の風味を楽しむには十分すぎる商品

 

SPONSORED LINK

 

第5位 日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ


Amazon:日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ 

1P(約2g):約5円

日本で最初の国産紅茶ブランドである「三井紅茶」が前身であり改称され「日東紅茶」となりました。輸入品ばかりで高価なイメージが強かった紅茶という嗜好品を一般家庭で楽しめるよう安価で高品質なものを提供したいという理念のもと改良を重ねられた紅茶であり、日本の紅茶ブームの火付け役とも言える商品です。現在も、海外から茶葉を輸入して日本で製造販売しています。そんな日東紅茶は赤味の強い色合いが特徴的で、味はかなり濃い目でキリっとした味わいで、人によっては昔懐かしの「これぞ紅茶」という味のようです。少し濃い目が好きという方が日常使いするのにちょうど良い商品かと思います。香りが強いのでミルクティーにしても良い感じです。

第4位 ビューリーズ ティーバッグ ゴールドブレンド

Amazon:ビューリーズ ティーバッグ ゴールドブレンド

1P(約2g):約13.5円

ビューリーズは1840年アイルランド発祥の紅茶ブランドです。輸入紅茶として非常に安価であり、少しエスニックなところが特徴です。紅茶自体はアッサムベースのオリジナルブレンドであり、茶葉は少量ではありますがしっかりとした香りと風味が豊かな紅茶です。このビューリーズの紅茶はミルクティー愛飲者で知らない人はいないくらい絶妙にミルクとの相性がよく、ミルクティーに使用されるティーバッグとしては王道中の王道。安価かつ使用用途のバリエーションあり、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。

第3位 AHMAD TEA クラシックセレクション


Amazon:AHMAD TEA クラシックセレクション

1P(2g):約22円

「AHMAD(アーマッド)」は創業1953年の比較的歴史の浅い紅茶ブランドですが、高品質で安価な紅茶の生産で世界的に評価を受け、今日では欧米で最も有名な紅茶ブランドの1つとなりました。クラシックセレクションは、定番のダージリン・アールグレイ・イングリッシュブレックファーストに、アーマッドティーのオリジナルブレンドであるイングリッシュティーNo.1を加えた 4つのフレーバーのセットになっています。香りが強いが渋みが控えめであるところがアーマッドティーの特徴であり、紅茶ならではの華やかな香りを楽しみたいけど紅茶の渋みが苦手!という方も抵抗なく飲める海外ブランドティーかと思います。 

第2位 トワイニング ザ・ベストファイブ


Amazon:トワイニング ザ・ベストファイブ

1P(2g):約20円

コンビニエンスストアをはじめとして、どこでも手に入り、多くのファミリーレストランやビジネスシーンで使用されているトワイニングの紅茶。リプトンや日東紅茶などと比べるともう少しだけリッチな日用紅茶なイメージの同商品。その味は濃すぎず、薄すぎず、香りも華やかというよりは優しい感じ。それぞれの茶葉の個性を押し出しすぎずに誰の口にも合うザ・オーソドックスな味が世界中で長く広い客層に愛される理由なのではと思います。中でも圧倒的な人気があるのが、このザ・ベストファイブであり、トワイニングで人気の高い5つのブレンド、ダージリン、アール グレイ、レディ グレイ、セイロン オレンジ ペコ、プリンス オブ ウェールズの詰め合わせです。紅茶初心者フレンドリーなティーアソートです。

第1位 サー・トーマス・リプトン 5種類アソートパック ティーバッグ


Amazon:サー・トーマス・リプトン 5種類アソートパック ティーバッグ

1P(4.4g):約32円

老舗中の老舗であるリプトン。リプトンと言えば、日本人にとっては紅茶の代名詞のようなブランド。リプトンではすでに紹介した通り日本人向けに様々な格安ティーバッグ商品も発売されていますが、今回ご紹介するのはサー・トーマス・リプトンシリーズ。5種類アソートパックでは、厳選されたインド・スリランカの茶葉を使用したアールグレイ、ダージリン、セイロン、イングリッシュブレックファスト、ヌワラエリヤが日本人の口に合うように風味を調整して製造されています。茶葉量が他の商品と比べると圧倒的に多く、それぞれの茶葉の艶やかな香りが強く、そのメリハリのしっかりとした苦味とコクはティーバッグで出した紅茶のクオリティとは思えません。その差額以上のコストパフォーマンスがあると感じます。大の紅茶好き、渋みも香りも濃いめじゃないと満足できないという方でも日常的に満足して楽しんでもらえるティーバッグではないでしょうか。私個人的に総合点No.1と思う商品です。

SPONSORED LINK

 

[関連記事]