JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【保存版】面白すぎる 「水曜どうでしょう」 ランキング ベスト10

水曜どうでしょうといえば、1996年に北海道のローカル放送としてスタートし、瞬く間に全国区の人気となるも、2002年に惜しまれつつレギュラー放送を終了した伝説的ローカル番組。

早い話が、放送開始当時はまだ大学生だった大泉洋が、鈴井貴之(ミスター)と旅する珍道中を、藤村忠寿(藤村D)の誘い笑いで引き立てつつ、嬉野雅道(嬉野D)がハンディカムで撮影した番組です。

20年前の番組とあなどることなかれ。

大泉洋がいつしかイケメン俳優扱いされるようになった現在も毎年大規模なイベントが開かれ、ファンを増やし続けている。

その名作シリーズをランキング形式でご紹介します!(ランキングはあくまでもじょいえもん♂の主観によるものです)

SPONSORED LINK

 

 第10位 激闘!西表島


Amazon→水曜どうでしょう 第8弾 激闘!西表島 [DVD]

水曜どうでしょう名脇役の一人、ロビンソン小屋のロビンソンと大泉洋・安田顕・ミスターによる西表レジャー特集。最初は海でのお魚取りや手長エビ釣りに夢中になるも、後半に行くに連れレギュラー陣よりやる気満々のロビンソンに一同タジタジ。全体的にまったりとした感じですが、ハプニング多く、獲物も様々で見応えあり。西表島に行きたくなってしまうこと間違いなし。

第9位 シェフ大泉夏野菜スペシャル


Amazon→水曜どうでしょう 第16弾 72時間! 原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル [DVD]

アラスカで猛威を振るったシェフ大泉が夏野菜でお料理を作る企画。畑を耕すところから始まり、器まで自分たちで作ることに。畑仕事やら陶芸やら、地味な演出が多いのに大泉洋の狂気的とも言える面白さを大爆破。迷言炸裂。一度見始めたらいっきに最後まで見てしまう。

第8位 試験に出るどうでしょう(石川・富山・日本史・クイズ)

Amazon→水曜どうでしょう 第19弾 試験に出るどうでしょう 石川県・富山県/四国八十八ヵ所Ⅱ(初回特典付き)

第一弾はonちゃんこと安田顕を3日間スタジオに監禁しながら大泉が試験問題を解いていき、不正解だった場合に問題所縁の地に赴き、実際に五感で勉強していくというもの。第二弾は大泉洋が教員役、onちゃんこと安田顕とミスターが生徒となり、全国を旅しながら試験対策をしていき最後に筆記試験を実施するというもの。どちらも目標達成されない場合に、全国の受験生のために四国八十八ケ所お遍路巡りをすることになる。そうなる。大泉洋の語呂合わせセンスが炸裂。地理をとっている受験生におすすめの一本。

第7位 シェフ大泉 車内でクリスマスパーティ

Amazon→水曜どうでしょう 第13弾 日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマスパーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー [DVD]

明らかに神回です。クリスマスの深夜にワゴン車の後ろで火を使ってシェフ大泉がクリスマスディナーを調理し、周囲に振り撒きます。一回ぽっきりの企画ですが、無駄に面白い。どうしてこうなったwどうでしょうの雰囲気が集約されている感じもあり、地方番組ならではの遊び心が凝縮されており微笑ましい。どうでしょうの好き嫌いを測るには良い作品。

第6位 釣りバカ対決!(氷上ワカサギ釣り)

Amazon→水曜どうでしょう 第14弾 クイズ!試験に出るどうでしょう/四国八十八ヵ所/釣りバカ対決 氷上わかさぎ釣り対決 [DVD]

北海道ならではの、氷上わかさぎ釣りにどうでしょうロケハンが挑みます。気温が下がれば下がるほど元気になるのか、最後まで行進が鳴りっぱなし(ダブル釣りをすると行進できる制度がある)!現地の宣伝になるからと地元民に地酒を振舞われ一向は大変なことにw

SPONSORED LINK

 

第5位 ジャングル探検・ジャングルリベンジ

Amazon→水曜どうでしょう 第6弾 ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅 [DVD]

前回のジャングル企画ではハプニングが相次ぎ、ろくに動物も見れなかった一向がリベンジする企画。練りに練った小ネタもいっぱいですが、前回をはるかに凌ぐハプニングの数々にもう笑が止まらないwどうでしょうレギュラー4名の面白い掛け合いが楽しめる。大泉洋が面白すぎて腹痛いw

第4位 ユーコン160キロ

甘いもの国取り合戦で敗北に着した大泉洋がアラスカの大河ユーコンをカヌーで降るという無謀な企画にチャレンジ!どうでしょう始まって以来のサバイバルキャンプ企画。壮大な大河と自然に癒されつつ、ハプニングと、ガイドと大泉洋の掛け合いが面白すぎる作品。残念ながら未だDVDが発売されていません。動画サイトなどで度々アップロードされているのを目にします。

第3位 サイコロの旅


Amazon→水曜どうでしょう 第11弾 桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5 〜キングオブ深夜バス〜 [DVD]

水曜どうでしょうはここから始まったと言っても過言ではない企画。それがサイコロの旅!水曜どうでしょう始まって以来、最も冷酷で無慈悲な企画である。が、それゆえに面白すぎる...!!この企画を通して、水曜どうでしょうはイカサマなしで、とことんなんでもやってくれる番組だ!という期待感を視聴者に与えその後の大ヒットに繋がったことでしょう。シリーズを見るごとに小慣れていくレギュラー陣も見ていてジワジワくるw

第2位 対決列島ー甘いもの国取り物語ー

Amazon→水曜どうでしょうDVD第23弾『対決列島~甘いもの国盗り物語~』

藤村Dとonちゃん(安田顕)チーム、大泉洋とミスターチームとで、日本全国の甘いものを現地に赴き早食い勝負し、勝ったチームが勝った都道府県の面積だけ点数をもらい、最終的に点数の高いチームの勝利となる日本縦断企画。もとい、準レギュラーの安田顕の一人勝ち企画。実際に最強なのは魔人(藤村D)だけど、とにかく安田が色々やらかしてくれて腹筋崩壊させてくれます。ミスターが負けず劣らじ、何ふりかまわず迎え討っていく姿も超面白い。

第1位 ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

Amazon→水曜どうでしょう 第7弾 ヨーロッパ21ヵ国完全制覇 [DVD]

これは、どうでしょう史上一番ハプニングの多い旅。また、一つ一つのハプニングが神級に面白い、怖いくらい面白い笑!国ごとに表情を帰るヨーロッパの国々を旅するのは、本当に羨ましい限りの充実っぷりだ。どうでしょうレギュラーメンツ史上最大に面白かった企画だと思う。長いシリーズだが、一気に見終わってしまう。

どうでしょうロス症候群

全作品を観ようとすると、毎日4〜5作品ずつ観ても一ヶ月は掛かります。そして必ず前作品を見終わった後に、どうでしょうロス状態になります。一生どうでしょうやるんだったらそろそろ次のを放送してくれよ・・・って。みんな各方面で活躍しちゃってなんだか複雑な気持ちになります。

 

そこで、地味におすすめなのが「大泉エッセイ 僕が綴った16年(角川文庫)」

大泉洋が大学生でテレビにで始めた頃現在に至るまで実に18年間のエッセイがまとめられています。なので、どうでしょうの時期の話もちらほら。大泉洋の半生をとおして、どうでしょうを振り返ると、なんだか涙が出てくるくらい味わい深いものがあります。ますますどうでしょうが好きになること間違いなしのエッセイです。油断してると泣きますw


大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

 

最後に、つい先日7月30日のミスターこと鈴井貴之のtwitter原文

D2人がキャラバンから戻ってきたら、次の打ち合わせをしようか。以前、藤やんもホノメかしていたからなww まあ、長い目で見てください。次は必ずありますからww」 

どうやら、次が近いようだ!

最近、みんな片手間でやるようになってきていて若干企画がマンネリ化しているから、昔のようにはいかないかもしれないけど、それでも変わらずあの4人の掛け合いを待ち望んでいる人は少なくないはず....!!! 

SPONSORED LINK

 

<関連記事>