JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【2016年版】美味しいインスタントコーヒー おすすめ ランキング ベスト5

外でカフェもいいけど、家でくつろぎながら美味しいコーヒーを飲みたい。

そんな時、一番手軽に淹れられるのがインスタントコーヒーです。

欧米では、古くから親しまれてきた嗜好品であるコーヒーのインスタント化に18世紀から取り組んできました。20世紀初頭にネスレ社(Nestlé)が本格的にインスタントコーヒーの生産を開始して以来、コーヒーはより一層私たちの生活に身近な飲み物となってきました。

今回はそんなインスタントコーヒーを、味と香りとコスパを考慮して、コーヒーはブラック派のじょいえもんが独断と偏見でご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

 

ランキングに入る前に、本来であれば上位ランクに入れたい幾つかの商品が2015年で製造終了となってしまっているので、そちらを番外編としてご紹介したいと思います。 

【番外編】ネスカフェ 香味焙煎深煎り(2015年8月製造終了)

深煎りという名前のとおり、適度な苦味がありしっかりした味わいながらクセがなく飲みやすかったので好きだったのですが、昨夏で製造終了となってしまいました。中煎りと比べると酸味は少なく、ブラックで飲むとそのしっかりした味わいがよく分かります。
Amazonでまだ手に入ります→ネスカフェ 香味焙煎 深煎り 30g
後継品「香味焙煎 深み 65g」はこちら→香味焙煎 深み 65g

 

【番外編】ネスカフェ 香味焙煎中煎り(2015年8月製造終了)

こちらは香味焙煎シリーズの中煎りです。すっきりとしていて苦味が少ないので飲みやすいですが、少し酸味が気になる方もいるかもしれません。こちらはネスカフェの中ではコスパも高い方だったので、後継品で少し価格が上がっているのが残念です。
Amazonでまだ手に入ります→ネスカフェ 香味焙煎 中煎り 70g
後継品「香味焙煎 丸み 65g」はこちら→香味焙煎 丸み 65g

 

【番外編】ネスカフェ プレジデント(2015年8月製造終了)

数あるインスタントコーヒーの中でも特に大きな存在感を放っていたプレジデントも、香味焙煎シリーズとともに製造終了となってしまいました。芳醇な香りとしっかりとしたコクと味わいは、ブラックで飲むとより一層他のコーヒーとの違いがよくわかります。見た目的にも値段的にも"完成度の高いインスタントコーヒー"の代表格だったプレジデントですが、残念ながらこちらは一般用の後継品はありません。その代わりに、香味焙煎シリーズの上位ランク商品として「香味焙煎 究み」がネスレ通販等のみで限定販売されています。最高傑作をうたっているだけにぜひ試してみたいところですが、35gで1,944円(税込)ということでじょいえもんはまだ飲んでいません(悲)

プレジデントも現在流通している在庫限りと思われますので、まだ試していないコーヒー好きの方はぜひお早めに(Amazon)→ネスカフェ プレジデント 85g

 

ここまでネスレの3商品をインスタントコーヒーとして紹介してきましたが、ネスレは同社の製品を"レギュラーソリュブルコーヒー"であるとして、インスタントとは明確に区別しています。そのため、2014年には全日本コーヒー協会、日本インスタントコーヒー協会などの業界団体との間で対立が生じ、結果的にそれらの団体を退会しています。
"レギュラーソリュブルコーヒー"は、コーヒーの抽出液を乾燥させた粉末であるインスタントとは異なり、独自の方法によるコーヒー抽出液でコーヒー豆の粒子を包むことで酸化を抑えるというところに特徴があるようです。確かに飲んだ後にカップの底に粉末状のものが残ります。飲む人によっては粉っぽさが若干気になるという意見もあるようですが、ネスレがクレッセント(三日月)と呼ぶこの豆の粉末も味と香りの一部かなと思いながら、じょいえもんは気にせずに飲んでいます。

 

SPONSORED LINK

 

第5位 ネスカフェ ゴールドブレンド

【Nestlé, 90g, コロンビア・ブラジル他】
安定のネスカフェ ゴールドブレンド。香りもコクも飲みやすさも好きな方なのですが、多くの方が指摘されているように、レギュラーソリュブル製法に変わってから若干酸味が強くなった感がしないでもない。お値段的には若干高い部類に入るので、往年のゴールドブレンドと比較した場合には味のバランスの面から、飲む人によっての満足度の差が大きくなるような気がします。
Amazon→ネスカフェ ゴールドブレンド 90g

第4位 UCC ザ・ブレンド117

【UCC上島珈琲, 90g, ブラジル・コロンビア他】
しっかりとしたコクと苦味が特徴的な117。価格もお手頃で高コスパなインスタントコーヒーです。芳醇な香りとまではいきませんが、バランス良く苦味の効いた味わいは、お手軽な普段使いの美味しいコーヒーとして重宝できます。
Amazon→UCC ザ・ブレンド 117 90g
90g瓶の他に、チャック付のエコパッケージもあります→UCC ザ・ブレンド117 180g

 

第3位 マキシム トップアロマ ハイブリッド 濃密なコク 袋

【AGF, 70g, グアテマラ・コロンビア他】
濃密なコクの名前に偽りなしと感じるしっかりとした苦味とコクがあります。ネスレのレギュラーソリュブル製法にも通じる「フリーズドライに挽き豆を練り込むハイブリッド製法」によって、トップアロマと謳うとおり香りが引き立っている印象です。量の割には少しお値段が張りますが、深い味わいの満足度が高く高評価となりました。
Amazon→AGF マキシムトップアロマ ハイブリッド 濃密なコク 袋 70g

 

第2位 マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

【AGF, 80g, ブラジル・インドネシア他】
おそらく万人受けするであろう味とコスパの高さが最大の特徴です。香りもよく、酸味と苦味が程よくあることで、家で飲むインスタントコーヒーとしてはちょうど良いバランスが取れたものになっていると思います。価格もお手頃なので、毎日飲むにはぴったりのコーヒーです。
Amazon→マキシムちょっと贅沢な珈琲店インスタントコーヒー 瓶スペシャルブレンド80g

第1位 マキシム トップアロマ ハイブリッド 高貴な香り 袋

【AGF, 70g, タンザニア・コロンビア他】
こちらも高貴な香りの謳い文句に偽りなしです。練り込まれた豆から立つ香りは他のインスタントコーヒーとは一線を画す、まさに"淹れたての香り"。味わいのバランスも良く、同シリーズの濃厚なコクの方が少し濃いと感じる場合には、より飲みやすいこちらがオススメです。割高感は否めませんが、インスタントコーヒーとしての完成度は高く納得の味です。
Amazon→AGF マキシムトップアロマ ハイブリッド 高貴な香り 袋 70g  

SPONSORED LINK

 

【おすすめ記事】