JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【さっぽろ雪まつり開幕!】雪ミク飲料 SNOW MIKU 2016を飲んでみた

冬の風物詩の一つ、さっぽろ雪まつり。そんな雪まつりなどで、冬の北海道を盛り上げるのが札幌出身の人気キャラクター「初音ミク」の特別バージョン「雪ミク(SNOW MIKU)」です。

札幌では雪ミクラッピングの市電が街を走り(2016年3月27日まで)、雪まつり期間中にはライブが行われ、雪像が作られ、様々なコラボグッズが販売されます。雪ミクのデザインは毎年変わるので、年ごとに異なるデザインを楽しむことができます。

そんな中から、今回はポッカサッポロが2016年1月11日から北海道限定・数量限定で発売している「乳酸菌入り 雪ミク飲料 SNOW MIKU 2016ラベル」を飲んでみたレポートしたいと思います。

f:id:joyemon:20160205053111j:plain

「雪ミク飲料は北海道産練乳を使用した真っ白な液色の乳酸菌入り飲料です。まろやかな甘さと爽やかな酸味の後口ですっきりした味わい」(ポッカサッポロ公式HP)ということで、カルピスなど乳酸菌飲料が好きなじょいえもんは期待大です。

SPONSORED LINK

 

 パッケージのデザインは「北海道の冬を楽しむウィンタースポーツ」をテーマとした2016年バージョンの雪ミクです。サイズは通常の500mlペットボトルです。

f:id:joyemon:20160205043808j:plain

 

パッケージの側面には、雪ミクが誕生した2010年の雪まつりからの経緯や、「初音ミク」の紹介が書かれています。雪ミクは、札幌を代表する2大エンターテインメントがコラボして作られたんですね。

f:id:joyemon:20160205043838j:plain

 

f:id:joyemon:20160205043916j:plain

 

パッケージデザインは2種類あります。こちらはねんどろいどと呼ばれる、キャラクターがデフォルメされたフィギュアバージョンの雪ミクです。かっこよくスノーボードを決める姿に対し、こちらはほっこりとした可愛らしいイメージです。

パッケージでも使用されている雪ミク2016ver.ねんどろいどはこちら→WF2016 ねんどろいど 雪ミク Snow Owl Ver.

f:id:joyemon:20160205043955j:plain

 

f:id:joyemon:20160205044038j:plain

 

さて、お味はどうでしょう。

一口飲んだ感想は、カルピス+ヤクルト+甘さ。日本を代表する乳酸菌飲料の2つですが、この味はどちらにも似ているけれどどちらとも少し違うといった感じです。純粋にジュースとして美味いですが、少し甘さが後に残る感じがします。北海道産練乳使用ということも売りで、全体的にしっかりと甘く仕上がっているようです。

総評:味うんぬんの前に、こちらは2016年雪まつり×初音ミクの限定コラボグッズなので、もうこの時点で買いのような気もしますが、ここは冷静に飲んでみたの講評を。味は期待を裏切らない日本人好みの乳酸菌飲料の味です。ただ少し甘みが強いように感じました。おそらく外で歩き疲れた時などに飲むと甘さがちょうど良さそうな気がします。

<おまけ~2015年の雪ミク飲料と~>

昨年の雪ミクはすずらんの花をモチーフにした可愛らしいデザインでした。こうしてみると今年はクールなイメージで色目もまた全然違いますね。

f:id:joyemon:20160205051113j:plain

あと、昨年の雪ミク飲料は1つのボトルで裏表のデザインが違いました。上の写真と下の写真で2015年の雪ミク飲料は裏表です。2015年の雪ミク飲料もねんどろいどバージョンがあるのですが、残念ながらそちらは手元にありませんでした。。

f:id:joyemon:20160205051044j:plain

SPONSORED LINK

 

<関連記事> 

www.joyemon.com

www.joyemon.com