JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】塩焼そば モッチッチ ふわり鰹だし(エースコック)

f:id:joyemon:20171006172700j:plain

9月25日に縦型カップ焼そばモッチッチの新味「ふわり鰹だし」がエースコックから発売されました!

売りは何と言っても「真空仕立て麺」の食感です。早速食べてみました!

SPONSORED LINK

 

 珍しい縦型のカップ焼そば

f:id:joyemon:20171006172710j:plain

あまり目にすることのない縦型カップ焼そばですが、作り方は通常のカップ焼そばと同じで、湯切りをするだけです。

容器の形状からか、湯切り前に一度底から全体を軽く混ぜると湯切りしやすくなるとの注意書きがありますね。

 

f:id:joyemon:20171006172722j:plain

こちらのカップ焼そば一食あたりの量は97g、麺量は85gです。

カロリーは396kcal食塩相当量は4.6gとなっています。

 

f:id:joyemon:20171006172733j:plain

容器の中には調味たれふりかけが。今回のお味は「ふわり鰹だし」ということで、鰹出汁の風味がどのように再現されているのか楽しみです。

 

見た目は普通のフライ麺..!?

f:id:joyemon:20171006172747j:plain

この商品の特徴は何と言っても「真空仕立て麺」です。メーカーHPによると「まるで家庭で調理したかのようなモチモチ食感」ということで、言わずもがなこれがそのまま商品名となっています。

ただこの時点では、麺の見た目は通常の揚げ麺のように見えます

かやくとしては、キャベツ玉ねぎ人参が入っています。

SPONSORED LINK

 

 

湯戻しすると麺にモチモチ感が!!

f:id:joyemon:20171006172821j:plain

約450mlのお湯を注ぎ、5分待って湯切りします。

おおお、確かに麺が見るからにモチモチした感じになりました!

 

f:id:joyemon:20171006172834j:plain

最後に調味たれとふりかけをかけて完成です。調味たれは透き通った油状で、ふりかけは粉ガツオのようにも見えますが、魚介・鶏・豚エキスの凝縮された粉末ということです。

 

ハイクオリティの麺×さっぱり和風だし風味

f:id:joyemon:20171006173030j:plain

この商品の最大の売りの麺は、確かに他のカップ焼そばとは一線を画す生麺に近いモッチリとした食感です。真空仕立てという製法の具体的なところはわかりませんが、カップ麺であるノンフライ麺のような生麺に近い歯ごたえが生み出されています。

正直、お湯を入れる前にはごくありふれた油揚げ麺のように見えたので、湯通し後のこの変化は驚きでした。麺が軸の商品というだけあり、文句なしに完成度の高い美味しい麺です。

具材

キャベツ、玉ねぎ、人参の3種類ということで、見た的には野菜の色が鮮やかそうですが、いかんせん縦型容器のカップ麺なのであまりそのあたりの彩りが見えません(笑い)具材の量は多くはありませんが、キャベツの食感などはきちんとあります。具材全体的には、よくあるカップ焼そばと同程度のクオリティかと思います。

たれとふりかけの風味

メーカーHPでは「鰹だしと野菜を炒めたような風味が合わさったバランスのとれた味」と書かれていますが、実際に食べてみてもさっぱりとした塩ダレと香り豊かなふりかけに魚介系を中心とした質のいい旨味を感じることができます。特に鰹だしの香りはふりかけの効果もあって湯気とともに立ち上ってきます。

 

総評

まず何と言っても麺のクオリティが高いです。スーパーでチルドの焼そばを買ってきて家で作った時の食感に近く、他のカップ焼そばとは確かに違う食感に仕上がっています。

また、商品名にもなっている「ふわり鰹だし」の優しい香りと風味がスッキリと食べやすく、たれが麺にもよく絡むので最後まで飽きることなく一気に完食できます

鰹だしの「ふわり」とした香りを楽しむという上では、この縦型の容器はちょうど良い形状のような気がします。平たい容器だと香りが拡散するのに対し、容器の口が狭い形状のおかげで香りが周りに逃げず、鰹の風味を口だけでなく鼻でも楽しむことができるのではないかと思います。

新しい形の和風カップ焼そばとして完成度の高い一品です。

Amazon→エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし 97g×12個入

 

SPONSORED LINK

 

【関連記事】