JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】旨辛ラーメンの金字塔「辛ラーメン」

f:id:joyemon:20160212022155j:plain

キラーん。黒く赤く怪しく光るパッケージに今日も手を伸ばしてしまう私。
辛党を虜にしてしまうカップラーメンの金字塔といえば、NONGSHIMの辛ラーメンでしょう。さすがは韓国産。割と容赦ない辛さが病みつきになります。

SPONSORED LINK

 

食べないと絶対損「辛ラーメン」

f:id:joyemon:20160212022227j:plain

パッケージがこれでもかという程に「辛い」ということを表現しています。個人的には赤と黒の間に「ピリっ」と神経が触れているように走っている黄色い線が好き。
外国産であり、一時、発がん性物質が含まれているとの報道で物議を醸した商品ですので、敬遠していた方もいらっしゃるかもしれませんが、結局は人体に影響があるようなものではないことが証明されましたのでご安心を。

辛党でこれを食べたことのない方は相当人生損していますよ、というレベルのウマ辛カップラーメンです。私のカップラーメンランキングでもトップ10の商品として紹介していますが、純粋な消費量だとこれが1位かもしれません。

f:id:joyemon:20160212022301j:plain

かやくはすでにカップの中に入っており、付属品は粉末オンリー。

粉末スープの小袋も真っ赤使用のこだわりよう。

粉末を入れて、お湯を入れて3分です。

f:id:joyemon:20160212022347j:plain

中の具材はシイタケ・ネギ・ニンジン。意外にもたっぷりと入っており、風味や触感もしっかりしていて食べ応えがあります。

f:id:joyemon:20160212022432j:plain

麺は少しちぢれた固めの麺。

蓋をして3分とパッケージには書いていますが、実際は4分くらい経った方がしっかりと麺がほぐれ、かやくも柔らかくなりベストな気がします。

スープは唐辛子の欠片がたっぷりと入っており、想像以上に辛さのパンチの効いています。初めて食べる人は一口目慎重に食べましょう、食べ慣れていてもむせてしまうことがあります。

あと、辛ラーメンを食べるときは一緒に冷たい水かお茶を用意することもお忘れなく!

SPONSORED LINK

 

おすすめの食べ方

1. お湯を線より少しだけ少なめに入れる

もともとあっさりとしたスープなので、お湯を少なめにしてスープを少し濃縮させた状態の方が麺に辛味成分が絡まって美味しさアップです!

2.溶き卵を入れる

ちょっと普通に食べるのが飽きた人は、溶き卵を入れてみましょう。少し味がマイルドになってしまいますが、これはこれで美味しい!

3.キムチをトッピング

辛ラーメンばっかり食って体に悪いんじゃないか?と罪悪感に苛まれることが多々あるわけですが、辛くて体に良いものをおかずに一緒に食べれば良いんじゃね?ということで、コンビニなどに置いてある食べきりタイプのキムチをトッピング!美味しくないわけがない。

インスタントラーメンタイプの辛ラーメンならキムチの鍋の〆にもおすすめです♪

 


Amazon→辛ラーメンカップ 68g×12個

 

実はブラックがよりおすすめ

実は、辛ラーメンには「ブラック」という味が存在しており、 こちらのブラックは日本の店頭で見かけたことはほぼないですが、海外では韓国はもちろん、欧米の韓国系の雑貨屋さんではかなり見かけます。私も海外に住んでいたときに食ってハマりにハマりました。

ブラック味は、辛さは通常の辛ラーメン同様ですが、スープの深みと旨みが全然違います。ニンニクが効いているし、牛肉系の旨みがたっぷりスープに染み込んで濃厚な味わいです。機会があればこちらも今度レビューしたいと思います。

[ Nongshim ] 農心 辛ラーメンBlack 4袋入り/ 韓国直輸入品

SPONSORED LINK

 

 <関連記事>