JOYEMON

面白いことはそこらへんに転がってる

MENU

【食べてみた】カルディ(KALDI)の黒トリュフポテトチップスを発見!!

f:id:joyemon:20190121023119j:image

こんなものを見つけてしまいました!なんと、KALDI印の黒トリュフポテトチップスです。数年前より販売しているようですが、家の近くのKALDIで初めて見かけたので購入して食べてみました!

SPONSORED LINK

 

空前の黒トリュフポテトチップスブーム?

 以前、当ブログでご紹介したスペイン製のトーレスの黒トリュフポテトチップスですが、最近はどこの海外食料雑貨店に行ってもトーレスのポテチは取り扱っているものの、黒トリュフ味だけ売り切れており、「入荷の目処が立っていません」とポップアップが付いている始末。

どうやら、巷で黒トリュフポテトチップスを巡る静かな闘争が起きているようです!?

そんな穴を埋めるかのごとく・・・!!

f:id:joyemon:20190128152313p:plain

KALDI店頭に↑こちらの黒トリュフポテトチップスが陳列されていました。

購入してからカルディオリジナルの商品であることを知り、まんまとKALDIの術中にハマってしまったというわけです!笑

 オリジナリティ溢れるKALDIのポテチ 

f:id:joyemon:20190121023157j:image

乾燥黒トリュフを使った味も香りも贅沢なワインのためのポテトチップスです。最初の一口からしっかりトリュフを感じます。

(引用:同製品パッケージより)

f:id:joyemon:20190121023150j:image

1袋60gと一般的なポテチの量であり、60gあたりエネルギー341kcalというのも大変一般的な数値です。芋は馬鈴薯を使用しているようです。

●ポテトチップスについている黒い点は黒トリュフです。

(引用:同商品パッケージ)

ちょ、点て・・・

SPONSORED LINK

 

袋を開けた瞬間の芳醇な香り

f:id:joyemon:20190121023217j:image

まず開封とともに物凄い黒トリュフの芳醇んな香りがボブっと襲ってきます!この香りが堪らなくて黒トリュフやめられないんですよね〜!!

トーレスの場合、黒トリュフの香りと同時に独特の香ばしい油の香りも混ざり合っていましたが、カルディ黒トリュフポテチはあまり油の香りが目立たず、ザ・トリュフといった香りでした。

黒トリュフの香りをまとったサクサク食感ポテチ

f:id:joyemon:20190121023234j:image

見た目

ポテチ自体の外見は薄く、白っぽく、オイリーさをほとんど感じさせません。

食感

食感はカルビーポテチから30%油を取り除いたようなかんじで、サクサク〜ややパサっとした感じです。やや水分を奪われましたが、おつまみとしては脂気が少なくてちょうど良いくらいかと思います。

味わい

塩味はキツすぎず、本当にうすしお程度の味付けで、変な油の味もせず、黒トリュフの香りと芋の味をしっかりと味わうことができたな、という印象です。黒トリュフは実際は香りづけ程度で、小さな黒いカケラ?粒?のようなものがいくつか確認できる程度はありますが、チップス自体が薄くてバリバリ食べ進められますので、常に口の中から鼻に抜けるような感じで黒トリュフが香っていました。

総評

日本のポテトチップス的な食感と薄味で雑味少なめ、そこに流行りの黒トリュフの香りを付けて・・・美味しくないわけないよね?という優等生的なポテトチップスです。

パッケージもおしゃれなので、食事会や晩酌などのお供にできる大人なポテチかと思います。トーレス黒トリュフポテトチップスと合わせて是非こちらもご賞味いただきたいのでKALDIで探してみてください! 

SPONSORED LINK

 

[関連記事]